光文化フォーラムの活動について Inter Light Forum Activities

光文化フォーラムの活動について
Inter Light Forum Activities

光は、人間の生活のあらゆる領域に深く根ざしています。
私たちは、現在の生活の中で、光なしでは暮らすことが出来ません。
また、光は、科学の領域から、宗教や哲学までに浸透する、限りなく幅広い存在でありながら、電気エネルギーの発明以来、<照明>という狭い技術的な分野の中に閉じこめられていました。 照明を、単なる技術という側面からとらえるのではなく、<光文化>としてより広く考えていくことを願って1991年に設立されたのが、<光文化フォーラム>です。
光を、学際的に、業際的にとらえて、様々な活動を行い、社会的な広がりの中で、光文化の向上と普及に努めています。

光文化フォーラム 代表 石井幹子

Lighting in Japan has long been discussed only in field of technology. It has now gained a new concept, and the role of lighting design has never been this broad. Beyond the limit of urban lighting, it is a field full of possibilities affecting many scenes of our everyday life. Concerning this, Inter Light Forum was established in 1991 to carry out academic and practical activities to develop and popularize culture of light.

Representative of Inter Light Forum, Motoko Ishii



《対談》 高速道路と光文化の新しい時代

2020年11月25日

Dialog: November 25, 2020
A New Era of Expressways and Light Culture

宮田年耕〈首都高速道路㈱ 代表取締役社長〉
Toshitaka Miyata (President, Metropolitan Expressway Company Limited)

石井幹子〈照明デザイナー〉
Motoko Ishii (Lighting Designer)

首都高ライトアップの歴史と現在
Past and Present of Metropolitan Expressway Illumination

安心・安全な高速道路のために
For Safe and Secure Highways

快適な道路環境と光の役割
A Comfortable Road Environment and the Role of Light

高速道路におけるSDGs(Sustainable Development Goals)
SDGs (Sustainable Development Goals) for Expressways

首都高はリニューアルの時代に
Metropolitan Expressway in the Era of Renewal



《対談》 日本文化の発信と文化財の活用を考える

2019年8月26日

Dialog: August 26, 2019
Disseminating Japanese Culture and Considering How to Make Use of Cultural Assets

宮田亮平〈文化庁 長官〉
Ryohei Miyata (Commissioner for Cultural Affairs)

石井幹子〈照明デザイナー〉
Motoko Ishii (Lighting Designer)

芸術家と行政官の間
Discussion between an artist and a government official

東京2020文化オリンピアード
Tokyo 2020 Culture Olympiad

文化財保存・修復・公開の好循環
A Good Cycle of Preservation, Restoration and Public Display of Cultural Assets

照明による文化財価値の再生
Reviving the Value of Cultural Assets with Lighting

日本文化の世界への発信
Disseminating Japanese Culture to the World



《対談》世界文化遺産・長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産をめぐって

2018年9月28日

Dialog: September 28, 2018
World Heritage Sites—Heritage Related to Hidden Christians in the Nagasaki and Amakusa Regions

中村法道〈長崎県知事〉
Hodo Nakamura (Governor of Nagasaki)

石井幹子〈照明デザイナー〉
Motoko Ishii (Lighting Designer)

生活に根づいた遺産の保全
Preservation of the heritage rooted in daily life

潜伏キリシタン遺産の文化的意義
Cultural significance of the hidden Christian heritage

生活の場と観光の場の調和を求めて
In search of harmony between a place for living and a place for tourism



《対談》 観光資源と光文化

2017年10月17日

Dialog: October 17, 2017
Tourism Resources and Light Culture

田村明比古〈国土交通省 観光庁長官〉
Akihiko Tamura (Commissioner; Japan Tourism Agency, Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism)

石井幹子〈照明デザイナー〉
Motoko Ishii (Lighting Designer)

闇に埋もれている観光資源を掘り起こす
Explore the tourism resources buried in darkness

「モノからコトへ」から「コトからトキへ」へ
From tangible to intangible, intangible to moment



《対談》 照明とエネルギーを暮らしの中から考える

2016年10月31日

Dialog: October 31, 2016
Thinking about lighting and energy in daily life

日下部聡<経済産業省 資源エネルギー庁 長官>
Satoshi Kusakabe (Commissioner, Agency for Natural Resources and Energy; Ministry of Economy, Trade and Industry)
石井 幹子 <照明デザイナー>
Motoko Ishii (Lighting Designer)

経済産業行政の経験から
Future stance of resource energy management

エネルギーの将来的課題
Future topics regarding energy

生活を変え仕事を変えることでエネルギーを変える
Changing energy by changing our daily lives and work

明かりの世界を共通言語にすると
If we made the lighting world a common language…









東京都渋谷区千駄ヶ谷5-4-11 〒151-0051
5-4-11 Sendagaya Shibuya-ku Tokyo 151-0051 JAPAN
e-mail:hikaribunka@inter-light-forum.gr.jp